痴漢に遭わないために気を付けるべき事【電車編 】


前回は痴漢の原因や対策を考えてみましたが、やはり満員電車に乗らなければならない状況、いざ痴漢をされた時にとっさの行動はなかなかできるものではありません。
それにどちらにしても余計な時間や手間を費やすことになってしまいますし、不快な気持ちにもなります。
そこで、一番の対策はそもそも被害に遭わないようにすることではないでしょうか。個人として、どんな予防ができるか、まずは電車での痴漢という状況で考えてみたいと思います!

■女性専用車両を利用する

電車が混雑するピークの時間帯には、都市部の各路線では女性専用車両の導入がかなり進んでいます。
女性専用車両に乗れば間違いなく痴漢に遭うことはないと言えるでしょう。痴漢をされるかもしれな いというような余計な心配や不安とも無縁でいられます。
地域や時間帯によっては万全とは言えませんが、現在のところは一番有効な予防策であることは間違いがありません。

■乗務員の目の届きやすい車両に乗る

女性専用車両がない場合などで、ある程度安心していられる場所は乗務員の目の届く場所ではないでしょうか。ただ、実際には車両の最後尾などかなり限られた場所しかないのが問題です。
また、改札に近い場所など乗り降りのしやすい場所は、万が一の逃走がしやすいものです。

■乗る位置や時間を毎日変える

痴漢は突発的なものだけではなく、ターゲットを定めて虎視眈々と狙っているようです。
乗る位置や降りる位置関係もあり、何となく毎日同じ時間に同じ場所に乗りがちです。そこでいつも同じように乗らないなど行動パターンを変えることで狙いをつけられることは少なくなるでしょう。

■乗る位置と警戒した様子を見せる

その他、車内では注意を払っている様子を見せる、他の女性の近くに乗る中央付近の目立つ場所に乗るなども良いでしょう。始発の駅などではない限り難しいかもしれませんが、座っている人にも手を出すことはないでしょう。
ただ、電車に乗るたびにポジションの確保や緊張感を持つ必要もあり、これでは少々疲れてしまいそうですね。

■満員電車には乗らない

痴漢が起きにくい状況を選ぶという意味では、可能であれば混雑のピーク時間をずらすことではないでしょうか。また、そもそも自転車には乗らず、徒歩や自転車で移動するという方法もあります。
痴漢だけではなく、ストレスも軽減され、座ることもできるなど、多くのメリットがあるかもしれません。許される状況であれば選択したい方法です。

■痴漢をされにくい恰好

やはり痴漢をする側からすると、痴漢のしやすい恰好というものはやはりあるようです。そのため、外見から痴漢をされないようにするというのも有効な方法です。
ただし、単なるファッションや服だけの問題ではなく、、外見やそこから醸し出される雰囲気も何やら関係がありそうです。ファッションに関して詳しくは、また改めて考えてみたいと思います!