痴漢と間違われたしまったら、弁護士に対応を任せると安心

痴漢犯罪というのは被害者と加害者がいるわけですが、特に女性の被害者の主張が大きく影響してしまう犯罪でもあります。また満員の電車内や駅など人の目が多いところでの事件になることが多いので、加害者は多くの目にさらされてしまうことになります。それが冤罪だったとしても同様で、痴漢をしたというレッテルを貼られてしまうことが多いわけです。ですから無罪だとしても走って逃げてしまうというような行為に出てしまうことも考えられます。

線路内に飛び込んで逃げるという行為をしてしまうケースもありますが、これは痴漢をしていなくて無罪だったとしても線路内に入ってしまうとそれは別の犯罪になってしまうので絶対にやってはいけない行為です。

また逃げるという行為自体が罪を認めているというようにとられかねないので注意が必要です。

しかし一度逮捕されてしまうと、社会的な信用が失墜してしまうなど、後に無罪だとわかったもなかなか信用を回復することができないのも現状ではあります。

ではどのように対処すればいいのかというと、まずは堂々と自分はやっていない無実だということを訴えることが大切です。大勢の人に囲まれてしまい恥ずかしい思いをするかもしれませんが、目撃者が多いというのはとても大切なことです。例えば人目が恥ずかしいからと駅員室に促されていってしまったとします。駅員としても被害者が訴えているのですから警察に連絡するというのはしょうがない行為だといえます。しかしこの時点で英均質に言って身柄を拘束されてしまっていると、警察がきたときにそのまま現行犯逮捕ということになってしまいかねないのです。

そうなると冤罪だとしてもなかなか無罪だと主張するのは難しくなってしまいますし、身柄を拘束されてしまうので、周囲への影響も大きくなってしまいます。そして駅員室に場所を移動してしまうと、当事者ではない目撃者の多くがそのままどこかへ行ってしまいます。駅というのは不特定多数の大勢の人が利用するところなので、その場を立ち去られてしまうと目撃者を探すのも困難になってしまいます。
なので駅員室にはいかないで、その場で対処するようにしましょう。

もし弁護士のあてがあるのであればそこで先に連絡しておくとよいでしょう。または堂々と無罪を主張して、自分の身分証明書などを提示して、警察に行く必要がるのであれば連絡が来ればいくというようなことをはっきりと述べてから立ち去るという方法も有効です。

とにかく逃げるという行為はよくないのでやめましょう。
無罪なのであれば、堂々と対応することが大切です。

自分の身分や連絡先を相手に伝え、警察などの対応が必要なら応じるということをはっきりと伝えてから立ち去るようにすることがベストです。
そして早い段階で弁護士に連絡をして対応について相談しておきましょう。

冤罪でも痴漢で逮捕されてしまうと社会的影響も多いので、早めに弁護士に連絡して対応してもらうのがベストです。